キャッシングの即日審査と2009年の法律改正

借金と酒にまみれ > > キャッシングの即日審査と2009年の法律改正

キャッシングの即日審査と2009年の法律改正

2014年6月13日(金曜日) テーマ:

日本では2009年に貸金業法が改正されました。それによって貸金業者は、法律を破るような高い金利でお金を貸すことができなくなりました。その改正以前には、いわゆるグレーゾーン金利があったのです。実際、改正以前の消費者金融などでは、年利が29.2%など、今の時代からは考えられないような非常な高金利での契約もあったのです。この法律改正によって、利用者は大きな恩恵を受けたのです。
しかし、この改正は決してキャッシングの利用者に恩恵だけを与えてくれたわけではありません。利用者も注意しなければならないことが発生したのです。それが、総量規制です。キャッシングの利用者は、貸金業者からは年収の3分の1を超える融資は受けられなくなってしまったのです。
ところでこの法律の改正は、貸金業者のサービスの向上をもたらしました。たとえば即日審査なども、改正後の貸金業者の努力によって一気に広まってきたサービスです。これによって、利用者は更に便利になったのです。

パートでキャッシングについてはパートキャッシングPC124|主婦・学生も借りられる条件は?



関連記事

騙されていないかが心配。

騙されていないかが心配。

2014年7月19日(土曜日)

キャッシングの即日審査と2009年の法律改正

キャッシングの即日審査と2009年の法律改正

2014年6月13日(金曜日)

テスト

テスト

2014年5月23日(金曜日)